クリスマスとチキンと。

昨日はクリスマスイブだった。仕事帰りに街に寄るといつもより人が多いと感じた。
去年や一昨年はあまり意識していなかったが、クリスマスイブというのは人が外に出る日なんだなあなどと考えていた。

 

今は一人暮らし4年目なので、家族と一緒にクリスマスを過ごすという感覚はもうなくなりつつある。
よって最寄りの駅に着いてから、1人用のおかずをいつもより少し頑張って購入する。
総菜屋に入った。普段より値段を上げているだろうと予想していたが、そんなことはなく、しかも丁度2割引きから半額へと値段が下げられる時間帯だった。

 

クリスマスということで骨付きのチキンや唐揚げ、お寿司などが沢山並んでいて、お客さんもカップルであれ買おうこれ買おうと楽しげに悩んでいた。
私は唐揚げを買った。家に帰って数えてみると16個で、450円の半額の225円だ。一個あたり15円、いや14円かなどと計算し、
自分で作る場合とそんなに値段が変わらないことに安心し、家族に電話をした。
両親も今2人で暮らしているのできっと寂しさはあるだろう。
今日は忙しくお歳暮の準備などをしていたようだが、
やはり地方の街のデパートも大勢の人でごった返していたと言っていた。

 

今日はクリスマスだが、今日も総菜屋でチキンは売っているのだろうか。また半額になる時間に帰れたらいいなあ。